分譲住宅やデザイン住宅が人気の理由について

婦人

話題性のある

つみき

新築住宅を購入しようと考えた場合、お金に余裕があれば注文住宅を建てたいと思います。分譲住宅などは、数件の家を同じ規格で建設するため、近隣の住宅に個性はあまり感じられず、また、間取りやデザイン性など、全て自分好みということは少なく、何かを妥協しなければなりません。 注文住宅市場が活況だったのは、何と言ってもバブル期です。贅沢を尽くした豪華な注文住宅を建てる方も少なくありませんでした。外観、庭、内装をはじめ、出来うる贅沢を詰め込んだ注文住宅は、憧れの象徴ともなりました。 バブルが崩壊した後は、価格面でリーズナブルな分譲住宅に需要が移り、個性的な注文住宅は少なくなりました。現在も分譲住宅を購入する方は多いですが、注文住宅を建てられる方も増えています。

住宅メーカーもユーザーニーズを考慮し、分譲住宅でも変更できる個所をなるべく多くしています。お客様は、少しでも個性的な住宅を望まれるからです。 これまでの画一的だった仕様から、間取り、外観、設備など、可能な限りカスタマイズ可能な分譲住宅が増えています。カスタマイズ可能と言っても、限度があるため、注文住宅までとはいきませんが、お客様の希望に近い住宅に近づけることが可能なのです。リーズナブルでカスタマイズ可能ということで、分譲住宅と注文住宅の良いところをとった形態と言えるでしょう。 このような事が可能になったのは、住宅メーカの努力の賜物で、建設期間、建設費を抑えつつ実現可能になるよう、あらゆる取引先との交渉をして現実しています。今後は、ますますこのような形態の分譲住宅を求めるお客様は増えるでしょう。